愛知県・名古屋市の店舗デザイン設計なら株式会社ロルフ「ブログ」

Blog ブログ

店舗づくりに役立つ情報をお届けします

店舗のリフォームとリノベーションは何が違う?費用や工事の違いを解説!
【名古屋でリノベーションのことなら株式会社ロルフ】

店舗のリフォームとリノベーションは何が違う?費用や工事の違いを解説!<br>【名古屋でリノベーションのことなら株式会社ロルフ】

店舗のリフォームとリノベーション似たような名前ですが、一体何が違うのか気になっていませんか?

今回の記事は、店舗のリフォームとリノベーションの違いをはっきりと紹介していきます。

リフォームとリノベーションの違い

リノベーションとは、既存の建物に新たな機能や価値を付加することです。

例えば、間仕切りを広げたり、キッチンをよりモダンで機能的なものに変更したりすることなどが挙げられます。

これに対してリフォームとは、家の中の一部分を修復したり、老朽化した空間をキレイにする場合を指します。

それぞれの違いは、工事の規模やどこまできれいにするかと言う点です。

言葉は似ておりますが、意外とはっきり違います。

かかる費用はちがう?

費用は工事を行う場所や規模によって大きく異なります。

リフォームの場合は100万円から300万円程度の費用になるケースもありますが、リノベーションの場合は500万円以上、もしくは数千万円程度の費用になることも。

このように工事の規模が両者が変わるので、かかる費用はかなり変わってきます。

予算があまり用意できないのであれば、リノベーションは諦めた方がいいかもしれません。

内装などを少し変更して見た目をきれいにするリフォームだけで抑えることになるでしょう。

工事の進め方は違う?

具体的な流れは、リフォームとリフォームリノベーション両者ともそこまで変わりません。

まずは物件を探して購入(賃貸)し、引き渡しを済ませ、ローンのチェックを受け、工事部分の契約を結びます。

工事費が明確になったら、業者と相談して具体的なデザインを決めていきましょう。

デザインが決まれば、いよいよ着工となります。

まとめ

両者の違いは大掛かりな工事であるかどうか、とイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

1から新しいものを作り上げたいと思っている人はリノベーション、内装を少しきれいにするだけでいいと思っているならリフォーム、と思うと理解しやすくて良いでしょう。

もし店舗のリフォームもしくはリノベーションをしようと思っているならば、今回の記事を参考にしてみてください。