愛知県・名古屋市の店舗デザイン設計なら株式会社ロルフ「ブログ」

Blog ブログ

店舗づくりに役立つ情報をお届けします

店舗リフォームリノベーションは複数社の見積りが必要?会社選びの重要性を解説!
【名古屋でリノベーションのことなら株式会社ロルフ】

店舗リフォームリノベーションは複数社の見積りが必要?会社選びの重要性を解説!<br>【名古屋でリノベーションのことなら株式会社ロルフ】

これから店舗をリフォームにイノベーションしたいと思うのであれば、会社選びが重要です。

リフォームイノベーションは多額の資金が必要になるので、なるべくならば良い会社に安い金額でやって欲しいはず。

そんな時に役立つのが複数社への見積もりなんです。

今回は、店舗リフォーム・リノベーションの複数社の見積もりが必要なのかご紹介してます。

相見積もりの重要性

冒頭でもお伝えした通り、リフォームリノベーションをするのであれば、相見積もりは重要です。

相見積もりは割引交渉ができるようになり、比較の過程で自分の知識を身につけることができます。

業者並みの相場観が身に付くので、業者と同じ立場でやりとりができます。

相見積もりをするときのマナー

他社の名前を出さない

他社の名前を出して比較するという行為は、あなたの評判を大きく損なってしまいます。比較検討はするべきですが、他社の名前は伏せておきましょう。

条件交渉の際に他社の見積書を提示する必要がある場合は、見積書をコピーして会社名を黒く塗りつぶすなどして配慮を示すと良いでしょう。

そうすることで、自社の情報管理体制の良さもアピールすることができます。

期限と予算を指定する

見積もりを依頼する際には、必ず納期と予算を明記しましょう。

必ずしも返事が返ってくるとは限りませんが、自社が望む条件を掲載することで、業者は見積書の制作の指針を示すことができるようになります。

そうすることで、最初から理不尽な業者と交渉しなくても済むようになります。

もちろん、指定された期限までに仕事を引き受けているのに遅刻してくるような業者とは、交渉の余地はありません。

欲張りすぎない

3~5社程度の業者と徹底的に打ち合わせをした方が安心です。

最低でも3社以上あれば、リフォームの相場を把握することができますし、見積もりを比較することで、各業者の見積もりに漏れがないか(見落としている部分)を発見することができます。

トラブルを防ぐためにも、業者選びは欲張らない方が良いでしょう。

まとめ

今回は店舗リフォームリノベーションをする上で、必要になってくる複数社の相見積もりについて紹介してきました。

リフォームやリノベーションだけに限らず、数社の相見積もりを出すことで、たくさんの情報が取得できるので、ご自身にあった条件などを考慮して、施工会社を決めると後悔がなく、安心して施工を任せられるので、ぜひ参考にしてください。

名古屋で店舗リフォーム・リノベーションするならロルフ!!