愛知県・名古屋市の店舗デザイン設計なら株式会社ロルフ「ブログ」

Blog ブログ

店舗づくりに役立つ情報をお届けします

【店舗開業】店内家具はオーダーメイドがオススメ?既製品との違いを解説!

【店舗開業】店内家具はオーダーメイドがオススメ?既製品との違いを解説!

店舗開業時に必ず必要となる家具や什器類ですが、「店内に配置できるサイズの家具選びをしている」という選び方をしていては、お店のコンセプトやレイアウトに支障をきたす弊害にしかなりません。

結論から言えば、家具はオーダーメイドが圧倒的にオススメです。

今回は、オーダーメイド家具のメリットとデメリット、既製品家具との違いについて解説します。

店内家具はオーダーメイドがおすすめ!

オーダーメイド家具では、デザインから形まですべてをお店ごとの雰囲気に合わせて作ることが可能な為、より上質な空間づくりを実現することが可能です。

その具体的な理由を、メリットとデメリットを含め解説します。

オーダーメイド家具のメリット

オーダーメイド家具の最大のメリットは、場所を選ばないという点です。

複雑な形でも対応できるため、無駄な空間であるデッドスペースがなくなり、使うべきスペースを広く使用できたり、お店のコンセプトに合わせることが出来るため、店内内装の一部のように作り付けることが可能です。

デザイン性、機能性どちらに対してもオーダーメイド家具は非常にメリットが高い事が特徴です。

オーダーメイド家具のデメリット

オーダーメイド家具の最大のデメリットはコストがかかるという点です。

1から作り上げるため、家具の仕様によってはコストがかさみ、さらに製作までも時間がかかってしまいます。

その為、オープンから逆算した製作期間の打合せ、予算を考慮した仕様の打合せを念入りに行う必要があるでしょう。

オーダーメイド家具と既製品の違い

オーダーメイド家具と既製品家具の大きな違いは、既製品では対応できない店舗内装の1部となり得るデザイン性と機能性です。

上質な空間づくりにおいて、家具が内装の1部となるデザインは、他店舗との差別化を図れる大きなポイントです。

既製品ではどうしても妥協する点がありますが、オーダーメイドでは妥協の必要性がありません。

その為、店舗の空間づくりにおいて、非常に満足のいく店舗を作り出すことが出来るでしょう。

オーダーメイド家具を作る際のポイント

オーダーメイド家具を作る際は、以下のポイントを踏まえて行いましょう。

・お店のデザインの1部と考える

・お店のコンセプトを明確にしておく

・使用用途を明確にしておく

上記のポイントを踏まえ、専門業者へ相談しましょう。

リフォームやデザイン設計のプロに相談することで、専門知識を用いた素晴らしいアイディアを提供してくれます。

什器サイズや家具のサイズを店舗の広さなどを考慮しながら細かく打ち合わせを行い作る家具は、必ず上質空間を作り上げるための要素の一つとなるでしょう。

名古屋で店舗リフォーム・リノベーションするならロルフ!!