愛知県・名古屋市の店舗デザイン設計なら株式会社ロルフ「ブログ」

Blog ブログ

店舗づくりに役立つ情報をお届けします

【店舗デザイン】看板デザインで集客UPさせる注意ポイント!

【店舗デザイン】看板デザインで集客UPさせる注意ポイント!

店舗の看板デザインの違いで、集客に影響があるのか疑問に思う方もいますが、看板は店舗の集客を左右する重要な役割を担っていると言えます。

看板の設置位置やデザインによって店舗の認知度や売上を大きく変えることも可能となります。

今回は、看板デザインの設置位置やデザインなどの注意するポイントを解説します。

看板は進行方向に対して垂直に見える位置

 

看板は進行方向に対して垂直に設置することで、通行人の視線に入り、目に留まりやすくすることで、店舗の存在をアピールすることが出来ます。

逆に、看板を並行に設置した場合、通行人が気づくことができずに、店舗の前を素通りしてしまう可能性があります。

看板は集客力に影響してしまうため、通行人の流れをしっかり調査し、看板を設置することが重要です。

また、看板を設置する位置は条例で決まっているので、高さや幅が規定に合っているかを確認して利用するようにしましょう。

遠くから見ても読める

 

遠くからでも認識できる看板にすることが大事です。

コンビニエンスストアやガソリンスタンドなどの看板がとても良い例ですが、遠くからでも見つけやすく、店舗情報が一目で判断できるため、とても分かりやすい看板となっています。

そのため、店舗の看板を見てどんな店なのかをすぐに把握できないと通行人は通り過ぎてしまいます。

また、車の通りが多い場所だったら車内から見ても把握できる大きさとデザインにしたり、徒歩・自転車しか通らない立地の場合は、店舗情報とメニューの一部を載せた看板にするなど、立地によって適した看板にすることも大切です。

店舗のコンセプトを意識

 

看板には、店舗に合った色を選ぶことで、集客に結び付けることができます。

店舗に合っていない色を看板に使ってしまうと、お客様の想像していた店舗イメージと異なってしまい違和感を感じることになります。

例えば、飲食店では食欲をそそると言われる赤色やオレンジ色の暖かいイメージの色だったり、イタリアンやフレンチ、中華などは国旗を取り入れることで、どのジャンルの料理なのかも分かりやすくなります。

緑色や茶色などは森などの自然を連想でき、清潔感や落ち着いた雰囲気を出すことができます。

また、周りの景色と同化している看板では目立つことはできない場合もあり、周囲の背景や店のデザインを観察して差別化することで目立たせる方法もあるので、店舗の業種やコンセプトに合った最適な色を探しましょう。

看板デザインの業者を選ぶポイント

 

看板デザインは実績が豊富な業者に依頼することがおすすめです。

実績が多い業者は様々なコンセプトを持つ店舗を担当しているので信頼度や安心度が高くなります。

看板を作成する過程でトラブルが発生することも多く、上手く対処できない場合は遅延するなどコストが余計にかかってしまいます。

実績が豊富であれば下調べをする段階でトラブルの予期などがある程度可能なので不要なトラブルを回避することもできます。

そして、看板デザインは店舗デザインとまとめて依頼する方がコストを抑えることができます。

店舗のコンセプトに沿った看板を制作するなら店舗デザインと一括で依頼することが望ましいです。

まとめ

看板は店舗のコンセプトを伝える重要な役割を持っています。

看板で効果的に集客を狙うためにはお客様に見やすい設置をして店舗の存在を知ってもらう大切です。

看板を通して店舗の魅力を伝えることで集客につなげましょう。

名古屋で店舗設計・店舗デザインを任せるならロルフ!!