愛知県・名古屋市の店舗デザイン設計なら株式会社ロルフ「ブログ」

Blog ブログ

店舗づくりに役立つ情報をお届けします

【店舗デザイン】コワーキングスペースの内装デザインの注意点!

2022.05.08
【店舗デザイン】コワーキングスペースの内装デザインの注意点!

コワーキングスペースは、どのような店舗設計にすればいいのか悩んでいる人も多いと思います。

コワーキングスペースでは個人事業主やノマドワーカー、テレワークの会社員など様々な人間が利用するためお客様のニーズに合わせた店舗デザインが必要です。

今回は、コワーキングスペースの内装デザインのポイントについて解説をします。

コワーキングスペースの用途

 

コワーキングスペースは、主に仕事や会議で利用されることが多いです。

様々な用途に対応できるように個室や会議ができるスペースなどが必要になり、また現代ではオンラインなどでリモートワークされる方もいらっしゃるため、wi-fiや電源などのネット環境は必須になってきます。

 

さらに、近年ではコロナ禍の影響で、オープンなフリースペースだけでなく感染防止対策として個室が求められるようになっています。

コワーキングスペースの内装デザインのポイント

 

コワーキングスペースの照明デザイン

コワーキングスペースの照明は、快適に仕事ができる照明デザインにしなければいけません。

カフェやバーなど落ち着いた雰囲気を演出したい場合には、色温度の低い暖色系を取り入れることが効果的でしたが、オフィスなどの集中したい環境では白色系で色温度の高い照明にしましょう。

 

また、照度によって店舗の印象が変わります。

例えば会議室では500lx、事務室では750lxなど用途や目的によって照度を調整する必要があります。

集中しやすい空間作り

コワーキングスペースでは、作業に集中しやすい環境がとても大事です。

お客様が利用をしていて快適に利用できないとリピート率も上がることはありません。

 

集中しやすい空間を作るためには周囲の雑音などが聞こえにくくする工夫が必要になります。

外からの騒音が聞こえないように防音性の高い壁材を選ぶことやリラックスできるBGMを流すことで周りの音で気を散らすことなく作業できます。

 

また、ワークスペースに個室や半個室を用意することで集中しやすい空間を作れます。

お客様の中には感染症対策がしっかりとされているかを気にされることも多いです。

 

個室を用意することで衛生面を気にすることなく仕事に集中できる環境を作りましょう。

ネット環境や設備の充実

コワーキングスペースは、仕事で利用するためオフィスと同様の充実した設備が求められます。

コワーキングスペースを利用する際に、ネット環境が不安定であったり会議などで必要な設備が揃っていないとお客様には満足してもらえません。

 

コワーキングスペースでは、仕事や会議のニーズに合わせた設備を整える必要があります。

また、休憩時間も快適に過ごせるよう、リラックスソファ、飲み物やお菓子などのドリンク&フードバーなどを設けることで、設備が充実していると利用者が増えるようにもなります。

 

・インターネット環境

・電源

・コピーなど複合機

・ホワイトボード

・会議室

・プロジェクター

・個人ブース

 

上記の設備以外にもコンセプトに合わせた設備を取り入れることが重要です。

 

まとめ

コワーキングスペースでは、様々なニーズに応えられる店舗作りが大切です。

そのためには、充実した設備やサービスの他に防音性の高い内装などに注意しましょう。

また、コワーキングスペースは働き方の多様化が進む社会で、ますます需要が高くなることが予想されるので、他店舗と差別化することでお客様に満足していただける店舗作りをしましょう。

名古屋で店舗設計・店舗デザインを任せるならロルフ!!