愛知県・名古屋市の店舗デザイン設計なら株式会社ロルフ「ブログ」

Blog ブログ

店舗づくりに役立つ情報をお届けします

【店舗デザイン】オフィスデザインを設計する際の注意点!

2022.05.24
【店舗デザイン】オフィスデザインを設計する際の注意点!

オフィスデザインを、より快適で効率の良い環境に改善したいと思っている方も多いと思います。

オフィスデザインには、会社のコンセプトを伝えることやスタッフの満足度やモチベーションを向上させる効果があります。

今回は、オフィスデザインを設計する際の注意点や効率の良いオフィス作りについてご紹介します。

オフィスデザインのメリットとは!

 

オフィスデザインは、オフィスの動線やレイアウトを設計して内装を整備することです。

オフィスデザインに力を入れることで、生産性のアップやスタッフの満足度の向上など多くのメリットがあります。

オフィスを快適な空間に保つことで、ストレスの分散や想像力を高めることが期待でき、生産性の向上に繋がります。

またスタッフにとって、働きやすい動線を意識することで、満足度も上がり離職しにくいオフィス環境を作ることができます。

オフィスデザインの注意点

 

オフィスの内装を検討する際には以下の3点に注意する必要があります。

オフィスデザインのポイントを確認することでスタッフのモチベーションの向上だけでなく、お客様にも良い印象を与えることが可能です。

オフィスのコンセプトに合わせる

オフィスのコンセプトを明確にすることで、理想の働き方のできる環境を作ることができます。

コンセプトを決める際には、スタッフへのヒアリングをして、どのような働き方を求めているのか得られた内容を参考にして設計する必要があります。

例えば、騒音が気になる場合や収納スペースが少ない、騒がしくて集中できない環境など問題点を明確にすることで店舗デザインをイメージしやすくなります。

 

スタッフが働きやすい動線

オフィスの動線は、できるだけ短くして複雑にならないように設計しましょう。

動線がシンプルでないと、スタッフ同士が接触しやすくなり、作業効率にも影響が出てしまいます。

頻繁にやり取りをする必要のある部署や、コピー機などよく使用される設備への動線を短くすることで、作業効率も上がり会社の売上にも影響を与えます。

 

ソーシャルディスタンスに配慮したオフィスデザイン

近年では、感染症対策が重要視されており3密にならないソーシャルディスタンスに配慮したオフィスデザインが求められる傾向にあります。

会議室の場合では、仕切りのないオープンスペースを設置することや、他のスタッフと接書しないように個室や半個室の導入をすることなど工夫が必要になります。

まとめ

 

オフィスデザインでは、家具や機器の設置や動線など実際に働いてみないと分からない部分があります。

オフィスデザインを設計する際には、スタッフへのヒアリングをしっかり行うことで失敗を減らすことができます。

スタッフの増員や業務拡大などに合わせて臨機応変に働きやすいオフィスデザインを設計しましょう。

名古屋で店舗設計・店舗デザインを任せるならロルフ!!