愛知県・名古屋市の店舗デザイン設計・テナント工事・リノベーションのことなら株式会社ロルフ

Column コラム

名古屋で店舗改装やデザイン設計の依頼なら株式会社ロルフへ!店舗の内装デザインにおける重要なポイントとは?

「店舗のデザイン設計で一度失敗したので、店舗改装・リノベーションを行って再起を図りたい」と考える方も多いのではないでしょうか。コンセプトが間違っていた、内装デザインが適切でなかったなど、店舗デザインの失敗の要因は様々です。

とりわけ内装デザインは店舗の雰囲気を決定づけるものなので、慎重に検討しなければなりません。どういう内装デザインが好ましいのか分からないという場合は、実績のある店舗デザイン設計会社にご相談ください。こちらでは、店舗の内装デザインにおける重要ポイントを解説いたします。

名古屋で店舗改装や店舗デザイン設計のご依頼なら、株式会社ロルフへご相談ください。

店舗の内装デザインで重要な4つのポイント

ポイントの文字が書かれた吹き出しを持つ手

店舗の内装デザインにおける4つの重要ポイントをご紹介します。

名古屋の株式会社ロルフでは、店舗デザイン設計や店舗改装のご依頼を承っております。名古屋で開店や店舗改装のご予定がありましたら、ぜひ問い合わせください。

立地に合わせたコンセプトを決める

物件の立地や人の流れも店舗の内装デザインを決める重要なポイントです。例えば、オフィス街で女性の利用が多いならおしゃれで可愛い内装、住宅街で家族連れが多いなら明るい内装が好まれます。店舗内装を決める上で、あらかじめマーケティングを行い、コンセプトを決めることが大切です。

内装デザインのスタイルを決める

コンセプトが決まったら、それに合わせた内装デザインのスタイルを検討しましょう。スタイルの例としては、和風・洋風・レトロ・モダン・カジュアル・ナチュラル・北欧風・古民家風・シンプルテイストなどがあります。

コンセプトに合ったスタイルを取り入れることで、統一感のある店舗に仕上がります。同じスタイルであっても、デザインの作り方は千差万別です。どんなデザインを実現したいかは、同じスタイルを取り入れている他の店舗のデザインを参考にするとよいです。

素材と色を決める

スタイルが決定したら、そのスタイルに合わせた素材や色を検討してみましょう。素材の種類としては、石・木・レンガ・ガラス・タイル・プラスチック・布などがあります。

例えば、レトロビンテージのスタイルであれば、石やレンガなどの素材が合いやすいですし、ナチュラルスタイルであれば木や木綿・麻などが合います。素材と同じように重要なのが、店舗のカラー作りです。ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーをそれぞれ何色にするのか、カラーの配置をどうするのかで店舗の雰囲気が大きく変わります。

照明を決める

店内の照明デザインも、店舗の雰囲気作りで大切な要素となります。壁掛け照明、吊り下げ照明、または下から照らす照明など、照明の種類と仕様も様々です。どんな照明を使うかだけでなく、光の明るさも併せて検討しましょう。明るめか、暗めかの違いだけでも店内の雰囲気は変わってきます。

失敗しない店舗デザイン設計や店舗改装なら名古屋の株式会社ロルフへ!

案内する女性スタッフ

名古屋にある株式会社ロルフは、名古屋を中心に愛知県で店舗デザイン設計・施工を行っている会社です。主に飲食店・サロン・美容室の店舗デザインを承っており、リフォーム・リノベーションなどの店舗改装も得意としています。

株式会社ロルフでは、店舗改装で失敗しないためにも、VR技術でお客さまの要望を細かに再現する「VRを活用した失敗のないデザイン設計」を強みとしています。イメージする店舗を完成させたい、

業績・収益面でも失敗しない店舗デザインにしたいというお客さまは、名古屋の株式会社ロルフへご相談ください。

名古屋で店舗改装をお考えなら株式会社ロルフまでご依頼ください

会社名 株式会社ロルフ
住所 〒463-0805 愛知県名古屋市守山区青山台711
TEL 052-898-1603
URL https://rolf-nagoya.com/
代表者 石野田 翔平
事業内容
  • 店舗・テナントのデザイン・設計
  • 一般住宅向けのリノベーション・設備リフォーム
  • オーダー家具の製作
  • 廃棄物・不用品の回収・処分
  • 遺品の整理